2 April 2017

びゅうううと三月は疾風の如く。


ハローみなさん。ご機嫌いかがですか。
おれは元気です。なんだか過去に経験したことの
ないくらいの信じられない体感速度で、
びゅううっと激動の3月がおれのもとから去って
行きました。。。。新幹線の車窓に映る木々や、
こぢんまりした街や、河川やら人々やらが、
あっっ!という間に遥か後方の彼方に
吹き飛ばされていく、あの感じです。もう少し
ひとつひとつをしみじみと味わいたかったくらい。

とにかく旅とライブが多い月で、東京以外のライブ
遠征地を時系列で列挙するならば、札幌、福岡、
広島、名古屋、福岡、名古屋、名古屋、大阪、
福岡、広島、高松、大阪、、、といった具合。
移動日を含めると東京にいれたのはちょうど
月の半分だったようだ。

出典も詳細もまったく思い出せないけれど
(一時期、夢中になっていたネイティブアメリカンの
言葉だったように思う)確か「身体の移動が
速すぎると心の移動が追いついてこれない」
といったような言い回しがあって、なんだか
まさにそんな気持ち。1日1日のことを反芻する
時間がもう少しあればいいのに、、って思います。

極端な静からなにかを見出すのも、極端な動から
なにかを見出すのも、日々なんとなく生きていると、
やっぱりというか、意外とというか、なかなか出来ない
ものだと思うので、とても良い経験だったかと思う。
ただ、なにを見出したかは心が追いつかないので
今はまだ不明。。。2017年4月1日のおれの心境を
ざざざと綴ると、こういったところです。

なにはともあれ、この一ヶ月の日々がおれに
与えてくれたものはとても大きかったと思う。
それはもう経験として単純に。この一ヶ月で
たくさん素敵な気持ちになれました。ありがとう。
いちいちおれのことを刺激して止まない刺激的な
楽器の魔法使い、才気溢れる歌うたい、詩人、
エンターテイナー、その舞台には決して登場は
しないけれど、まさにその舞台こそに更なる
魔術を込めんとする職人気質の人びと、
その一晩限りの公演を、音楽を、楽しみにして
会場に足を運ぶ、さまざまな街の、さまざまな人びと、
そんな人たちが愛おしくて愛おしくて仕方ない、
そんな脇山広介の4月のスケジュールは
すべて出揃っています(突然宣伝になる)
詳細はスケジュールへ。よろしくどうぞ。

ではでは今日はこのへんで。チャオ!
すてきな夢を。
おやすみなさい。


✳︎写真はぼくりりくんのツアー中、パーカッションの
けっちゃんの金だらいにちょっかいを出すおれ、です。
(Photo by けっちゃん)