10 February 2017

週末のこと、雑記



ハロー、ごきげんいかがですか。

いきなりお知らせですが
今週末はライブが2本ありますっ。

明日、11日土曜日は渋谷のJZ Bratで
miya takehiro渾身のワンマンライブ。
盛りだくさんの内容だよ。ミヤくんの
ライブではロックステディがあり、
ファンキーなブレイクビーツがあり、
カントリーがあり、さらには(急遽!)
サンバまで。。あ、ジャズワルツみたいの
もある、、書いててやばい練習しなきゃと
思ってきました。。。まあとにかくリズムが
多様で演奏しててとても愉しいんです。
お時間あればぜひぜひ!

明後日、12日日曜日は石嶺聡子さん。
青山月見ル君想フ、にてワンマンライブ。
ゲストには遊佐未森さんも登場いたします。
おれが敬愛してやまない大先輩、
上田禎さんのギター&ピアノと、
おれのドラムだけ、というミニマムな
伴奏で素晴らしい歌声を堪能してください☆

先日のEGとのデュオ編成のライブの
ときも思ったけれど、ベースがいないとか、
そういう本来であれば不足感を感じてしまう
ような編成でのライブはなんだかおれ凄く
好きみたいです。音の鳴らない部分だとか、
足りない帯域だとか、そういった余白みたいな
ところから、すごく想像力が隆起されるような
曲のワンシーンが生まれたりして。

先日テレビで小説家の宮本輝さんが
「書きたいことは書かずに書く」と言ってて
うわあそりゃまた凄いこと言うなあ!って
思ったけれど、受け手に対して1から10まで
伝え切らずに、自由なスペースを残しておく
ということは、凄く高等で、凄く素敵な
技巧の使い方だと思う。。。そんな風に
余白をコントロール出来たらなあ!と。。。
すごいボキャブラリーを駆使して多弁でも、内容が
一切ちんぷんかんぷんだったり、たった一語でも、
想像力のドアをノックするような豊かさというか、
饒舌さがあったり、、、、というような事を、
いろんなひとの演奏を聴いていて、つい思ったり
しちゃうんだけど、かくいうおれも自分の録音の
演奏聴いてうわ!!!とか、ばか!!!とか
言ってるんで全然出来てないです。生涯を
かけてのテーマです。日々精進ですほんとに。。。

そうそう、、もう少ししたらスケジュールの
更新をするけれど、3月4月あたり、
ライブがたくさん入ってきてて、いろんな
街に行って演奏する予定だぞう。嬉しいことだ!!!
3月は特に過密で、大丈夫なのおれ、、って
感じだけれど、このスケジュールは神様が
くれた40歳の誕生日プレゼントだと
受け取っておくことにします。
詳細はまた改めてお知らせを。。。

あ、写真は本文と一切関係ないです。
写真がなにもないのも寂しいと思って
横にあったお気に入りの機材ケース、
トランク4兄弟(ひとつは車)を撮りました。
古いトランク、つい買っちゃうんだ。。。

ではでは今日はこのへんで。
おやすみなさい。
チャオー☆