8 December 2014

tobaccojuiceの新作と、そのリリースパーティーについて!

ハローハロー、こんにちは。
ご機嫌いかがですか。
今日はタバコジュース関連の情報を!


はじめに。


タバコジュースは2011年に活動休止&ベーシストのオカピー氏の脱退という危機がありましたが、2013年になんとか危機を乗り越え心機一転、新ベーシストに元タバコジュースのオカピー氏を迎えまして(ははは。。ミュージック、それはマジック)、サマーソニックの灼熱の太陽の下、無事に復活を果たしました。

そして!


このたび復活以降初の音源作品になる7曲入りのニューアルバム「一輪の花と二つの三日月」をこの秋にわれわれ一生懸命こしらえました。がんばった!
内容の方はと言いますと、まあ、、暗い、、、かな。うん、なぜだかダークだね。。。復活して初作品!パーっと明るく!みたいにはならなかったんだよ、自然にやってみたら。多分4人とも根暗なんです基本的には。。
ゲストのホーンセクションにRIDDIMATESよりCross Youくん、Akiragくん、Buchiくんの御三方、ハモンドオルガンに、近年頻繁にライブにも参加してもらっている朋友ヤマグチユキノリ氏(from FULL SWING)、エンジニアは過去作品「ゆめのうた」「HEADPHONE GHOST」などで素晴らしい音に仕上げてくれたNYからの刺客!真田浩之氏を迎え、無事に完成に至りました!ワーイ。PVは今年の夏のワンマンライブで素晴らしい動画を撮ってくれた野田昌志氏が制作中!乞うご期待!

振り返ると、、


かつては、キングレコードやユニバーサルミュージックなど所謂メジャーレーベルの協力の元で制作してきて、こんなタバコジュースですら、こういう路線はどうだろうか?とか、こういう曲調はどうだろうか?などと健気にも、少しでも多くの人の耳に届くように間口を広げるための知恵を絞ったり、外部の人の意見を取り入れてみたりしたこともありました。外圧に勝てず自分たちでコントロール不能な事も昔は多少あったりもして。迷走、、、とまでは言わないけれど、四つ打ちとか、速めのタテノリとか、そんなのにもトライしたりしてみたりして。。。はは。まあよく分からないけど、売れたかった。そういう努力や過程はそれはそれで得る事もあり面白かったし、当時はそれはそれはもう必死になって、真剣にベストを尽くしたつもりではあるので、作ったものにはいろんな想いが詰まってて愛着はあるし、まして後悔なんて微塵もないけどね。できなかったことや、やれなかったことですらも、糧になってると思う。過去のそういったプロセスを否定したいわけなんかじゃ全然ないのさ。思えばたくさんの人にお世話になったし素晴らしい出会いもたくさんあったしね。

まあでもとにかく。


そんなこんなで、すったもんだがあったりレコード会社契約打ち切り、活動休止や再開を経て、嵐が過ぎ去った後のような、足場の悪い泥濘んだ土壌にぽつねんと4人が佇みながら、さて今!今なに作ろうか?ってなった時、そりゃあもうごちゃごちゃ考えずにやりたいことをやりたいようにやるしかないわーっこんちききしょーっていう衝動に強く強く駆られました。考えたって仕方ないし失うものはなにもないんだ、と言ったようなある種、居直った気持ちというか。。。そんなわけで、サウンド面で大変に尽力していただいた真田さんを除けば外部の意見は入らない環境で、これと言って間口を広げるための答えのない努力みたいなことにもほぼ頓着せずに、マイペースにリラックスして自分たちの心を方位磁石にして作った作品になりました。。肩肘張らず、やりたいようにやったら、とても暗いアルバムが生まれた、、、ってのも妙な話ですが。結論なにが言いたいかって、ええとつまり、そんな風なバックボーンを持つ作品ですので、もしあなたが今回の作品を好きになってくれたとしたら、今現在のタバコジュースの、とってもコアな源泉のような部分を受け入れてもらえたような気持ちになれて、とても嬉しい!と言いたいのです。でも「タバコジュースの源泉」って不味そう、身体に悪そうだね。。

さてさて、それで。


その音たちが銀色の円盤にひゅっと収まり、ギタリスト&リーダーおおくぼひでたか画伯の素敵なアートワークに包まれて、CDショップに並ぶのは、12月17日です!みなさまぜひともよろしくお願いします。

尚且つ!


リリース記念のリリースパーティーを東京、大阪で開催します!
大阪ではCDの先行発売アリ!です。

12月14日(日)  大阪 心斎橋 Pangea


12月22日(月)  新代田 FEVER


両日共にアルバムからの曲を中心にワンマンでどかっとやります。ゲストには鍵盤ヤマグチユキノリ氏を迎えての5人編成です。これはもう頼むから来てっ!て感じで、、どうぞよろしくお願いします。現段階ではリリース以降、リリースツアーめいたものの計画を特に進めておりませんのでこの機会に是非ともお越しください。よくよく考えるとせっかくリリースするんだから、ある程度旅してまわって各地に生の音を届けに行きたいような気持ちも芽生えつつもあるけれど。。。まあいろいろあるよな。あ、でも、奇跡的にCDの評判がとんでもなく良ければ、そういう事も可能かもなあ。うーん。どうなんだろ、判らない。まあそれでもいろいろあるよなあ。。。うん。なんかあまりぶっちゃけ過ぎてもなんなので、今日はこの辺で。。。 というか、すでにいろいろぶっちゃけ過ぎたか?どうなんだろ、それも判らない。よく判らないんだ俺はいろいろなことが。とりあえずリリースとリリースパーティー、併せてどうぞ宜しくお願いします。

前回の更新の時に書いたみたいな近況を振り返った記録みたいなのも書いてて楽しかったから、それは時間があるときにでもまた。

ではでは。みなさま素敵な一週間を。
チャオー。